​お寺を建てた森(Babhandha村)  forest built the temple

 Babhandha村はオディッシャ州にある村です。オディッシャ州の気候や土壌はカシューナッツの木の生育に適していて、広大な土地にカシューの木が植林されています。カシューの実(種)は植林後、5年目ごろから収穫が可能となり、その収入で村の生活は少しずつ良くなってきています。そしてこの村の人々はなによりも村のシンボルである立派なヒンドゥー寺院を建立しました。
   Babhanbdha village is in Odisha state. The weather and soil condition of Odisha is suitable for growing cashew trees, so  many  cashew trees were planted in vast area. Seeds of cashew will be able to harvest from about 5 years after planting, the income makes the life of the villagers gradually getting better. And the people of this village has early built the temple as the symbol of the village. 
​2001年
​2005年
​2012年
​2017年

植林直後。雨水を貯めるための細長い溝がいくつも見られます。

Just after planting. Long and narrow trenches for storing rainwater were seen.

​植林後4年ほどになると2〜3mほどに成長し、早いものは実をつけ始めます。

After planting in about 4 years, trees grow 2~3 meter, earlier trees put on fruit and seed. 

​すっかり大きくなり、収穫も年々進んでいます。その収入でお寺が建ちました。

The trees totally have grown, the harvest is progressing year by year.

The temple was built by the income.

植林地からのカシューナッツの収入により生活の質が向上し人々に自信がつきました。

お寺の装飾が進んでいます。

The quality of life has improved with the income of cashew from the afforestation and the villagers come to have confidence. The decoration of the temple is proceeding.

© glocal friendship association