Patamda Project

荒地に強く生育も早いソナジュリー(アカシア)を

中心に数十種類の在来種の木を植え、自然に

近い豊かな森が再生されてきています。

Jharbagda村では2006年象が戻ってくるなど

住民の意識と熱意はますます高まっています。

Mainly sonajhuri(acacia)  which is   adapted to  wasteland   and grow  fast and  other dozens of local species were planted,  it become

to revive the  rich forest close to nature.

In 2006, elephants had returned in Jharbagda village, the awareness and enthusiasm of the villagers are increasing more and more.

​植林地の紹介 introduction of afforestation area

Rangabelia Project

ガンジス河の河口に広がるデルタ地域は、

伐採やハリケーンなどによる被害で土壌の

侵食が進んでいます。そのため河岸にマン

グローブを植えることで土地を守る必要が

あります。

In the delta region spread  around  Ganga   estuary, soil erosion is progressing.

So, it is necessary to plant the mangrove

trees along the river side to protect the land.

Odisha Project

Odisha州は気候的土壌的にカシュナッツの

生育に適していて、カシューナッツやマンゴ

ーの木などが植えられることが多いです。

これらは5~6年で収穫できるようになり、

その収入が村全体の生活の向上に役立っ

ています。

In Osisha state, it is suitable for growing cashew trees climatically. So mainly cashew and mango are planted. The villagers can harvest after 5~6 years, the income improve the life and livelihood in all the village.

植林している地域はインドの東部
<西ベンガル州>
<ジャルカント州>
<オディッシャ州>
の3つの州にまたがっています。
それぞれの地域で、地域の環境や
​状況に合わせた植林が行われて
います。

The planting area  is east of India, there are spread 3 states, <West bengal><Jharkhand><Odisha>

The afforestation are proceeding according to local environment and situation.

© glocal friendship association